ブログ管理人情報

佐野市地域おこし協力隊として、天明鋳物をPRする活動をしております。

30代の女性(もう女子とはいいません…)目線で「学んだこと」「かわいい」「かっこいい」など五感で感じたことを

アウトプットしていきます! 


\葛生の「五丈の滝前植物園」に行ってきました!/

こちらは広瀬さんという米寿(88歳)のおじいさんが個人でやっている植物園だそうです。
本当はクマガイソウで有名なのですが、タイミング悪く終わっていました…。
初めて佐野市の奥まで行ったのですが、のどかで鳥の声しか聞こえないくらい静かで気持ちのいい場所でした。
山野草は、派手ではないのですが、華憐な素朴さがありなんだか懐かしい気持ちにさせてくれます。
色とりどりの花々も咲いていて、ここは楽園かと思ってしましました(´∀`):*+
お昼までいたら、物欲しそうに見えたのか(笑)パンとバナナとお茶をくれました。
自然と空気と人から究極の癒しを得ることができました!

\栃木市の協力隊と交流してきました!/

彼女は嘉右衛門町(かうえもんちょう)という伝建地区(伝統的な街並みを保存する地区)を盛り上げるミッションを担っています。
栃木市は学生の頃イトーヨーカ堂にはよく遊びに行っていたのですが、このような街並みがあることを知りながら、お恥ずかしながら、実はあまりよくは知りませんでした… (;´ω`)
関西からきた彼女に、出身地の私が案内されるという不思議な構図となってしまいました…(>ω<)

しかし!古い、街並みの中のオシャレな雑貨屋さん、カフェが点在し、近くにこんな素敵なところがあったんだと鶴田さんの活動を通して知ることができました!
(雑貨屋さんに天明鋳物の小物を置いて頂くものいいなぁと思いました。)
こういうことをコツコツやって私の活動からも天明鋳物の良さを知ってもらいたいなと思いました!!

\小山市の結城紬の見学に行ってきました!/

中学校時代、部活でよく絹中学校に行ってましたが、その前にある紬織物技術支援センターという県の施設があります。

糸を紡ぐのに2~3か月
糸に柄をつけるために染色が染みこまないようにマーキングする作業に1~3か月
織るのに1~12か月
一つの反物を作り上げるのにかなりの日数を要します。

写真を見てもお分かりになるように、織り師は女性が多いです。女性が活躍できる仕事だと思いました!

ここでは、訓練生に1年間基礎を教える後継者育成のカリキュラムがあり、終了後は職人さんのところに就職しやすくなるとのことでした。

ロビーで小物も販売しているのですが、とっても可愛く、私もハンコ入れを買ってしまいました!

0 コメント

\天明鋳物×「食」プロジェクト/

 

今日は、若林さんのところに企画を話に行ってきました!
参加して頂けるということで、この企画も色んな方を巻き込んできている以上「企画」で終わらせられなくなってきました。
私もできることを精一杯やりたいと思います!

これからの参考にと若林さんから丹波ちりめんのカレンダーになっているミニチュアの本を頂きました!色んな見せ方があるんだな~と勉強になりました。

0 コメント

\天明鋳物×「食」プロジェクト!/

今日も鋳物師さんのところに、企画を提案しに行ってきました。
な、なんと、私が提案しようとしていたものをすでに今制作中とのことでした!!すごい偶然!!
今いい流れがきています!
実現できるかもしれないと、楽しみになってきました。

0 コメント

\新プロジェクトをやるぞ!!!/

ゴールデンウィークはいかがでしたか??

終わってしまいましたね~(笑)

これから、

天明鋳物×「食」と題し、新しい企画を進めていきたいと思います!

まだまだ、調整段階なので、詳細はこれからご紹介していけたらいいなと思います★

有言実行できるようがんばります!!!!!

0 コメント

\GW立ち寄りお薦めスポットのご紹介/

佐野プレミアムアウトレットのすぐ近くにある「金蔵院」に行ってきました!
ゴールデンウィークにアウトレットに行った際、藤も見ごろですので、天明鋳物に触れてみてはいかがでしょうか✿*゚
江戸時代(1692年)元禄5年建立された「延命地蔵尊」は天明鋳物の逸品であると言い伝えられております。
是非近くにお立ち寄りの際は、一度足を運んでみてくださいねヾ(@^▽^@)ノ

金蔵院のHPはこちら↓↓
http://www.konzouin.jp/category01/index.html

0 コメント

\お雛様や五月人形をなぜ飾るかご存知ですか??/

そろそろ、5月5日端午の節句が近づいていますね~。
佐野市には節句人形の伝統工芸もあります!

今日は、人形専門店吉貞(よしてい)さんにお邪魔して、お話を伺ってきました。
実に、日本文化は奥が深い!!!!!
物事の一つ一つに意味がある "φ(・ェ・o)
節句人形は、撫でて悪いものをうつす「撫で物」という側面もあります。赤ちゃんの身代わりとなって見守ってくれる存在なんです。
また、柏餅の槲の葉は、「 新芽が出るまで古い葉が落ちない」ことから、家系が絶えずお家安泰・子孫繁栄という意味があるそうです!!

人形のお顔や手などをよく見ると、血管が浮かび上がるような繊細な細工がされています。手仕事ならではの技です。

また、子ども向けの絵本も制作し、文化の継承にも力を入れられていました。
「この絵本をどこかで見たな~(´・ω・)?」と思い、実家に確認したら姪っ子の雛人形を吉貞さんで購入したと母が言っていました。
繋がるんですね~。お話を聞いた後なので実家の雛人形を見る目も変わります(`・ω・´)☆
↓↓吉貞さんのHPはこちらから↓↓
http://www.yoshitei.com/

0 コメント

\益子で交流してきました!/

名刺を交換する際、「どうも大塚です」「私も大塚です」
益子では学校でクラスに5~6人いるくらい「大塚」が多いという新情報を知る!!

それは、さておき…益子の協力隊の方達と情報交換&国際工芸交流事業の公開作業を見学しに益子に行ってきました!

今回初めてご紹介して頂いた協力隊の大塚さん(男性)は、道の駅のWEBサイトやデジタルサイネージの制作をされているWEBデザイナーさんです。
月村さん(女性)は国際工芸交流事業を担当されていて、美大を卒業されているのでデザイナーとしてパンフレットの作成なども行っています。
色んな経歴を持った人たちと出会えるのが、協力隊の面白いところだなと思いました。とても刺激になります。

国際交流事業の見学では、デンマークとブラジルからきた陶芸家さん達の作品や実際に窯で焼いている作業を見ることができました。
陶芸のプロの間では火入れの作業を「窯"を"焼く」と言うらしいです。窯"で"焼いているのですが、これは鋳物業界 で溶かした金属のことを「湯」ということみたいなことなんでしょうか。思わぬ業界用語を知る(・∀・)

今回は益子2回目ということで何となく道も分かるので、「山が綺麗だな~」と思えるまでになりました。
この時期の山は青々として本当に綺麗です!!!!!
山が綺麗過ぎて、協力隊のお二人の写真を山背景にしたほどです(笑)
海はない栃木県ですが、山は山ほどあります( ̄▽ ̄) 
こっちに帰ってきて、山の綺麗さを日々感じています。
何だか、最後山の話になってしまいましたが…、伝統工芸「益子焼」の街から色々ヒントをもらいに今後もまた伺いたいと思います!

0 コメント

\ランチミーティング呈茶①/

呈茶(ていちゃ)とは茶を呈すること、客人にもてなしの茶を差し上げることです。
天明鋳物と切っても切り離せないお茶を、市長・副市長・総合政策部の部課長が集まるランチミーティングでお出ししました!色んなところに行かれた時に市を代表する方々にもPRをして頂こうという狙いもあります。
今制作中のPR動画のショートverも流させて頂きました。
市長も天明鋳物の茶釜を持ってらっしゃるという思わぬお話もお聞きすることができてとても良い機会を与えて頂きありがとうございました!
このランチミーティングの呈茶はあと数回行います。

\京王友の会のツアーがやってきた!/

彦根藩井伊家領「佐野の歴史と天明鋳物師の足跡を訪ねて」という京王友の会主催のツアーで都内から約40名の方がいらっしゃしました!
若林鋳造所で天明鋳物のお話・展示(販売)が行われました。
錫(すず)を溶かす実演の時には、みなさん立ち上がり、流し込み出来上がた時には「わーっ」という歓声がおきました!!
最後には展示・販売の時間も設けられ、「なかなか来られないから」と小物を購入される方が沢山いらっしゃいました!
若林さんは「今自分ができることをやるだけ」と、天明鋳物を知って頂く活動にも力を注いでいます。

0 コメント

\天明鋳物の今後は??/

天明鋳物に携わるようになって約4か月。
最近、天明鋳物がこれからどうなったら良いか、実際制作されている鋳物師さん達のご意見を伺いに行ったりしています。
今日は佐野ラーメンを食べながらお話をしました!
佐野の伝統工芸である天明鋳物が今後どういう形になったら嬉しいか、ご意見がありましたら参考にさせて頂きたいので是非コメントをお待ちしております!!

0 コメント

\一千年の歴史 正田家/

天明鋳物は天慶2年(939年)平将門の乱のため、藤原秀郷が武具制作者として河内の国(現大阪)から5人の鋳物師を佐野に移り住まわせたことに始まります。その5人のうちの1人が正田家になります。
正田さんのおうちにはもう何回か行っているのですが、今回動画の撮影でお邪魔させて頂きました。そのため、初めてご紹介になります。
正田さんが一番重要だとおっしゃる原型作りの工程を見学させて頂きました!
鋳物師さんそれぞれの制作の仕方があり、石膏で原型を作るやり方は正田さんならではだそうです。
ここから、品のある素晴らしい作品が紡ぎだされていくのですね~"φ(・ω・ )フムフム

0 コメント

\桃の花って見たことありますか??/

役所の担当の方に桃の花も見ごろだよと教えてもらいました~!
生きててこの方、おそらく桃の花を見た記憶がない…。
(見たけれど覚えていないのか…)
桃畑に到着して、梨の白い花を見て、「これが桃の花ですか~??」と聞いたら、「桃の花は桃色だよ!」と着いてそうそう的外れな質問をしてしまいました(^^;)
農家の方に「今日は暖かいから蜂が飛んでるよ~」と教えてもらい、蜂を数十分追いかけていました(-`ε´-;) =3
なんとか蜂の俊敏な動きについていき、
蜂をとらえることができました!!!!!

0 コメント

\下野新聞に掲載されました!/

天明鋳物師の一人である江田蕙さんの講演会と作品展の様子が下野新聞の取り上げられました!
江田蕙さんは、江田家23代目当主。次男と三男の息子さんも鋳物を勉強されています!

0 コメント

\唐沢山に行ってきました!(昨日ですけど…)/

唐澤山神社の御祭神である藤原秀郷が、武具制作者として河内の国(現大阪)から5人の鋳物師を佐野に移り住ませたのが、天明鋳物の起源です。
そんな天明鋳物にゆかりがある唐沢山の春を切り取りの行こうと昨日出かけてきました!
暖かな日差しにあくびをする猫や見ごろを迎えた花々など唐沢山にも春が訪れていましたヾ(´∀`●)ノ

0 コメント

\桜・菜の花・春です!/

\桜・菜の花・春です!/
明日がお天気があやしいので、今日が桜の見納めか!?と思い佐野の街にくりだしましたε=┏( > <)┛
春がきてます!!!

0 コメント

\「天明鋳物師 江田家の系譜」作品展!/

本日から天明鋳物師の1人である江田家の作品展がまちなか活性化ビル「佐野未来館」2Fで行われております!
鋳物師であるお父さんの蕙さん、東京芸術大学院生の朋哉さん、長岡造形大学生の委織さんの合同作品展になります。
技術力の高い伝統的な作品から現代の技術を駆使した新しい作品まで観ることができます!!
お近くにお立ち寄りの際は、是非足を運んでみてくださいね♪
-------------------------------------------------
「天明鋳物師 江田家の系譜」
●日程:4/7(金)~4/10(月)
    10:00~18:00
●場所:まちなか活性化ビル「佐野未来館」2F
   (佐野市高砂町 2794-1)
-------------------------------------------------

0 コメント

\城山公園の桜見ごろです♡/

\城山公園の桜見ごろです♡/
午後からお天気が崩れるという予報だったので、午前中行ってきました!
屋台もちらほらでていて、お花見ムードを盛り上げていました~。
桜の下でお茶会でもしたら気持ち良さそう♪

0 コメント

\益子に行ってきました!/

栃木県を代表する伝統工芸の益子焼から、何か学べることがないかと思い片道60kmかけて益子町行ってきました!
普段運転してこなかったためゴールド免許の私ですが、

国道の車線変更、合流などの緊張でハンドルを握りしめる手から汗が普段の2倍でました(((( ;゚д゚)))

益子陶芸美術館に「益子国際工芸交流事業」の運営を担当している、協力隊がいます。現在、デンマークとブラジルの陶芸家が来日して制作活動をされているそうです。
この事業のスポンサーは大塚商会という企業。こちらの会長が益子町出身で、支援をしてくれています。
また、道の駅にも案内してもらいました!
とーっても、オシャレな内観でさすが、工芸の町だなと思いました(*゚∀゚)*

0 コメント

\圧巻!佐野百観音/

お天気も良く、春めいてきましたね~✿
自転車を走らせ、佐野百観音に行ってきました!
ここには、1736年(元文元年)に天明鋳物師たちによって作られた100体の観音様がいらっしゃいます。
住職さんのお話を聞くと、鋳物師の腕の優劣によって、重さが異なるそうです。
軽い方が薄く作られているので、腕がいいということになります。
観音様をよくよく見るとホントーっに細部の装飾まで細かく作られていて、見入ってしまいました(*ФωФ)
住職さんもとっても笑顔が素敵な方でした!

↓↓佐野百観音(台元寺)のHPはこちら↓↓
http://www.taigenji.com/index.html

0 コメント

\ドラえもんが街中にいっぱい!?/【⑥高岡出張 番外編】

富山県高岡市は、「ドラえもん」の作者である藤子・F・不二雄の出身地です!
どうやらそれにちなんで、市内には至るところに関連スポットがありました((≡゚♀゚≡))
ドラえもんは子供の頃に誰でも見ているアニメなので、ドラえもんのオブジェを発見するとテンションが上がります(笑)
そして、すかさずカメラで激写((ミ゚ρ゚ ミ))!!
最後の方には、「かわいい~」と虜になってしましました♡
やっぱり、ドラえもんのチカラは凄いなぁと思いました!

0 コメント

\大寺幸八郎商店と「天明釜」/【⑤高岡出張 3日目】

高岡出張に行って、色んなところで金屋町の「大寺幸八郎商店」に行った方がいいよ~と言われ行ってみました!
店内に入って、アンティークな品々を見ていると…、そこに「天明」と書かれた釜があったのです!!!!!
あと、芦屋釜や大西清右衛門の釜もありました(>∀<人)
ここ3か月でお勉強した有名どころの釜が破格のお値段で並んでいて興奮してしましました!
また、江戸時代に作られたこちらの建物のお部屋も見学させて頂きました。
趣のある立派な茶室があり、障子から浮かび上がる欄間など、日本の古き良き時代の繊細な職人の仕事に感嘆させられました。
アポなしで入ったのですが、思いがけず良いものが拝見でき、とても心が和みました。
大寺さんありがとうござます!!

↓↓大寺幸八郎商店のHPはこちら↓↓
http://www.ootera.com/

0 コメント

\四津川製作所と栃木県出身の荒井さん/【④高岡出張 3日目】

四津川製作所さんは、自社工場を所有せずにブランドを運営するファブレスメーカーです。ファブレスはヨーロッパでは主流の業態だということを教えて頂きました。新しい伝統工芸の運営の仕方だなぁと勉強になりました。
また、海外にも精通されていて、アジアやヨーロッパなどの見本市にも出展しているそうです。
特に中国はお茶の文化が盛んで、お茶関係の見本市もあちこち行われているらしいです。
天明鋳物も歴史のある「天明釜」があるので、中国にもアピールできそうだなと思いました。インバウンドで中国のからの観光客も佐野にきてくれたら更にいいなぁと妄想してします…(*´艸`)。o○

四津川製作所さんとのつながりも2月に行ったビックサイトからでした。
Facebookで四津川さん(弟)とつながったのが、お会いするきっかけです♪
そして、四津川さんのところで働いている芸大卒の栃木出身の荒井さんをご紹介して頂きました!
夜のお食事会も四津川さんの奥様も参加してくださり、とーっても楽しかったです!!!おいしい蟹もご馳走になりました(*≧∀≦)ノ
今度は栃木にみなさんできてくださいね~♡

↓↓四津川製作所(kisen)のHPはこちら↓↓
http://www.kisen.jp.net/

0 コメント

\GALLERY NOUSAKUへ行く/【③高岡出張 2日目】

高岡を代表する伝統工芸の会社、能作さんのギャラリーへ♪
能作の代表作は、錫(すず)を利用した商品です。
錫の柔らかい素材を利用した、「曲がる」シリーズが特に有名です。

伝統工芸の産業が下降しているなか、革新的なデザインで売り上げを伸ばし続けている能作は、2017年4月に数億かけて観光の拠点となるショップやカフェ・工場を併設した新社屋を作っているようです。
企業が主体となって、伝統工芸を盛り上げている元気な街だという印象を受けました。

↓↓株式会社 能作のHPはこちら↓↓
http://www.nousaku.co.jp/main/

0 コメント

\モメンタムファクトリー・Orii工場見学/【②高岡出張 1日目】

折井さんは、高岡銅器の伝統的な技法を元にした独自の着色法を確立しました。伝統工芸の着色だけではとどまらず、自社製品である建築素材やインテリア雑貨などに応用して工芸の可能性を広げている、今勢いのある職人の1人であります!!
また、工場見学をさせて頂いたのですが、伝統工芸・職人のイメージを変えるようなお洒落な作業服を着用し、従業員の年齢は約20代と若くて新しいエネルギーにあふれた現場でした!
夜は、高岡の新鮮なお刺身などをごちそうして頂きました( ´ж`)*:

折井さんとは、Facebookで友達になり、東京のビックサイトの展示会でお会いしたのが出会いでした。高岡出張も決まり、とんとん拍子にここまできました。
私が伝統工芸に足を踏み入れて約3か月。
鋳物の神様が引き合わせてくれたご縁だと思い、次につなげられるよう努力していきたいと思いました!!

↓↓モメンタムファクトリー・OriiのHPはこちら↓↓
http://www.mf-orii.co.jp/

0 コメント

\高岡市デザイン・工芸センター/【①高岡出張 1日目】

市が運営するデザイン・工芸センターでは、誰でも使用できる鋳造場やまた展示スペースが併設されていました。
モノづくりが身近であり、やりたいと思えばすぐできる環境がありました。
鋳物は設備が整ってないと簡単にはできないので、このような施設があるのは羨ましいなぁと思いました(o´∀`)ノ

また、高岡市は、小学校から伝統工芸のカリキュラムがあり、高校・大学と伝統工芸を専門に学べる学校もあります。
だから、高岡で育った子供たちは誰でも高岡の名品は「銅器・漆器」と言えるそうです!!

モノづくりの街である高岡では、学ぶことが多く、とても刺激になりました。

0 コメント

\下野新聞に掲載されました/

先日公開した天明鋳物のホームページが下野新聞に取り上げて頂きました!!!
新聞を見たというお問い合わせも何件かあり、少しでもPRにつながれば良いなと思いました。
何か行動を起こして、メディアに取り上げて頂く、良い循環だと思います!!

0 コメント

\地域おこし協力隊交流サロンin佐野/

栃木県の協力隊が集まる会が今日ありました。ホスト側だったので活動の発表とかもあり、結構バタバタとあっという間に過ぎていきました。
そこで、天明鋳物を知って頂くきっかけとして、お抹茶とお菓子をお出しするプチお茶会を行いました(*^-^*)
私はド素人なので、お茶歴の長い担当係長にお抹茶をたてて頂きました。私も少したてさせて頂いたのですが、見てるのとやるのでは全然異なり、意外と泡が立たない!!!!!
交流会も無事に終了し、終わってみると楽しかったなぁと思いました★

0 コメント

\万葉の里・城山記念館/

城山記念館に用事があったので、はじめて伺いました。
こちらにある和室では、お茶会ができるスペースもあります!
天明鋳物の天明釜とお茶はきってもきり離せない関係なので、最近お茶に関わることも多くなってきております。
ただ、私は全くお茶をやったことがなかったので、お作法が分からずいつも色んな方に教えてもらいながら、なんとかやってます(;'∀')あと、正座も意外と慣れないとつらいです…。
がんばります!!!!!

0 コメント

\下野新聞に掲載されました/

若林鋳造所の生産道具は県の有形民俗文化財に指定されております。
記事で若林秀真さんは「これらの道具から作品ができるので、作品と同じくらい大切なものであり貴重」とおっしゃっています。

是非、記事もご覧ください!

0 コメント

\TBSテレビ放映のお知らせ/

\TBSテレビ放映のお知らせ/
TBSテレビで放送している日曜深夜の番組「ふるさとの夢」で3月5日(日)に天明鋳物が紹介される予定です!

天明鋳物の他、2週にわたり、佐野市の伝統を受け継ぐ職人、新しいことに取り組む職人も紹介予定です。

◇ふるさとの夢◇TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/furusato_no_yume/
司会:安藤弘樹アナウンサー、℃-teの中島早貴、矢島舞美

【第1回】
3月5日(日)深夜0時50分~1時20分(日付は3月6日)
天明鋳物(若林鋳造所、栗崎鋳工所、江田薫氏、正田忠雄氏)
耳うどん(野村屋本店)

【第2回】
3月12日(日)深夜0時50分~1時20分(日付は3月13日)
藍染(紺邑・閑馬町)
ハラール料理(日光軒)

※番組の内容は変わることがあります。ご了承ください。
※佐野市出身の番組ディレクターが制作しています。

大変遅い時間ですが、録画などして是非ご覧ください!

0 コメント

\天明鋳物のPR動画撮影/

最近、天明鋳物のPR動画を作成しようと、素材撮影をしております。
今日は、天明鋳物師の江田さん宅に撮影に伺いました!
若き(ホントに若い!院生と高校生)の後継者のお二人にも丁度春休みということもあって、お会いすることができました♪
お茶をたててくれたり、鋳物の制作を見せてくれたりしてくれました!
いずれは、お二人とも天明鋳物を受け継いで制作していくそうです。希望の星ですね☆彡

0 コメント

\TBSの取材がきました!/

詳細はまだ言えないのですが、TBSの取材をうけました!!
カットされないことをいのります…(笑)

0 コメント

\天明小学校 鋳物 制作体験学習/

天明小学校の6年生たちは、半年間かけて天明鋳物についてお勉強します。その集大成が自分の手で鋳物を作るということで、若林さんの工房で体験学習が本日行われました!

生徒たちはの作品のテーマは「夢・希望」
錫(すず)を流し込む際、1人1人夢を語ってくれました!
「消防士・デザイナー・人の役にたちたい…」
私にもこんな時代があったんだよなぁ~と、
今となってはすでに思い出せない(笑)

前の日休んでいた生徒がいたそうですが、「次の日鋳物体験だから絶対行く!!」と言っていたそうです。
若林さんも「だからやめられないんだよな~」とおっしゃってました。若林さんはこの活動は約10年以上やられているそうです。

夢を天明鋳物として形にすることで、大人になった時も記憶に残ります。
天明鋳物を後世に残していくためにも、このような体験がこれからも続けばよいなと思いました。

0 コメント

\番外編:唐沢山神社 散歩/

本編のおまけ写真です!
お天気も良くとてもの撮影日和でした★
やっぱり撮りたくなっちゃうのは、気持ち良さそうに寝ている猫でしょう(ฅ^・ω・^ ฅ)!!
ベタだな~と思われるかもしれませんが、やっぱり撮るでしょう(笑)
あと、ベタが続きますが…青空のもと梅の花も綺麗に咲いていました♡
神社の中は緑豊かで、静寂の中にも凛と張り詰めた緊張感のある空気で満ちていました。

本編の投稿はこちらから↓↓
https://www.facebook.com/tenmyoimono/posts/371575483218191

0 コメント

\唐沢山神社に行ってきました!/

天明鋳物の始まりは、平将門の乱のため、藤原秀郷が武具制作者として河内の国(現大阪)から5人の鋳物師を佐野に移り住まわせたことに始まります。
唐沢山城は、秀郷公が築いたとされています。
天明鋳物と、とてもゆかりの深いこの神社で、これからの天明鋳物の発展と私の活動をどうぞ見守りくださいとお参りしてきました。

今回もHP用の撮影で行ってきました。
近日公開なのでお楽しみにしてくださいね。

番外編の投稿はこちらから↓↓
https://www.facebook.com/tenmyoimono/posts/371576013218138

0 コメント

\湯入れ見学!/

天明鋳物のホームページ用の素材撮影に栗崎鋳工所に撮影に行きました!
鋳物業界で「湯」とは、溶かした金属のことを指します。

鉄の湯は高温なため、冷たい部分に接触すると火花が飛び散ります✺✲*:'.;*`,...
初めてなのでビックリして「ぎゃゃーっっっ!!!」と大声をあげてしまいました。
そうすると栗崎さんが「大丈夫、服に穴があくだけだから」とフォローになっているのか分からないフォローをしてくださいました(笑)ありがとうございます!!

湯入れの現場はとてもダイナミックで迫力がありました!!!

※火花は若干合成で盛ってます。こんなに危なくはないんですよ~。

0 コメント

\祝!Facebook「50いいね!」達成!!/

約3週間で「50いいね!」達成いたしましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

これも皆様のお陰でございます。
ありがとうございます!!...

たった3週間ですが、天明鋳物にまつわる人や場所、物、歴史などたくさんのことを見たり聞いたりできました。
私の成長と共にこのフェイスブックページも成長できたら良いなと考えております。

今後も、もっと「いいね!」を押して頂けるようなページを作っていければと思います!!
よろしくお願いいたします。


0 コメント

\しあわせの鐘 ~味噌まんじゅう新井屋~/

田沼にある佐野名物味噌まんじゅう新井屋の中庭に天明鋳物の鐘があるのはご存知でしょうか??
HP用の素材撮影で伺いました!

この鐘のデザインは、「こども達のしあわせ」「多くのしあわせ」を願い、唐沢山をイメージして天明鋳物師の若林秀真さんにお願いしたそうです。...
この鋳物の中には20個の鐘があり、ぶら下がった「味噌まんじゅう」の形の取っ手をかるく揺らすことによって鐘が鳴り響きます。
私も実際鳴らしたら、「しゃりんしゃりん」と心地良い鐘の音が鳴り響きました~(*´∀`)
音を聞くだけでしあわせな気分に~♪
30代女子にも幸せをありがとう~(笑)

途中立ち寄った朝日森天満宮では、梅の花が咲いていました!
まだまだ、寒いですが、春の訪れを感じまたまたホッコリしました~

0 コメント

\富山県高岡市をご存じでしょうか??/

東京ビックサイトで行われた「Gift Show LIFE×DESIGN」の展示会に行ってきました!

表題にも記載しておりますが、富山県高岡市は400年の伝統を誇る高岡銅器で有名です。
最近では、若手後継者らによって、伝統工芸を活かしながら、現代のライフスタイルに合った新しいものづくりが盛んに行われ注目を集めています。...
産業・観光の拠点として、高岡のものづくりの技と誇りを次世代に伝えていこうとしているとても元気のある街です!!

展示会でも高岡市の金属工芸のお店も多数出展されていて、金属・鋳物の可能性を更に感じることができました!
また、今のトレンドも知ることができとても参考になりました!!

写真撮影がNGだったため、パンプレットのみ写真になってしまいますが、高岡市の金属工芸関係でお名刺を頂いた会社さんのURLを記載いたします。

■モメンタムファクトリー・Orii
http://www.mf-orii.co.jp/
■能作
http://www.nousaku.co.jp/
■kisen
http://www.kisen.jp.net/
■銀祥堂
http://www.ginshodo.jp/
■博鳳堂 炭谷三郎商店
http://www.hakuhodo-sumitani.com/
■はんぶんこ
http://hanbunko.org/#

0 コメント

\下野新聞に掲載されました/

1/29(日)に行われた、天明鋳物ツアーが下野新聞に早速載りました!
ツアーをメディアで取り上げて頂くことで、天明鋳物を知ってもらえる機会が増えてとても嬉しいです。

0 コメント

\天明鋳物ツアー「後半」/

1/29(日)に行われた天明鋳物ツアーの後半は、鋳物制作体験です。世界で一つだけのオリジナルトレーを作りました!
鋳型の絵付け&鋳物制作は、栗崎鋳工所の栗崎さんがご指導してくださいました。
鋳物制作は、薬品が混ぜられた砂に炭酸ガスを注入して、型をとります。あんなに柔らかかった砂がガスを加えることでカチンコチンになってしまいます!!まるでマジックです!
また、溶かしたアルミを流し込む作業も目の前で見学できるので、とても迫力がありました!...
参加者の方からは「こんな経験滅多にできない」との声も聞こえてきました。
確かに、設備のある施設ではないとなかなか鋳物は作れないので、体験を通して鋳物への理解が深まったのではないかと思いました。
私も今後、是非鋳物を作ってみたいです!

0 コメント

\天明鋳物ツアー「前半」/

1/29(日)に約25名の参加者と共に天明ツアーに同行させて頂きました。
午前中は、観光ボランティアガイドさんの解説により、まちなかの天明鋳物の足跡・歴史を散策~!会長(←こう呼ばれていました)のお話はとても詳しく佐野の文化を熟知されていてスゴイなぁと思いました。さすが、会長!

その後、若林鋳造所に行き、天明鋳物の歴史をお聞きしました。...
「鋳物とは?」ということで、その場で錫(すず)を溶かしぐい呑みを即興で作ってくれたり、日光東照宮にある徳川将軍家の宝塔は天明鋳物師の作品など、身近なことに絡めてご説明して頂いたのでとても分かりやすかったです。
参加者の方からも「なるほど~」「へぇ~」など聞えてきました!

0 コメント

\佐野市 天明鋳物 散策 ~観音寺~/

キレイに手入れの行き届いた寺内を奥に歩いていくと、そこには佐野市の指定有形文化財となっている「銅造阿弥陀如来座像」が静かにたたずんでいました…(・∀・*)。
容姿端麗とその澄みきっていて清らかな中にある厳しさをたたえた若者の像になります。
確かにお顔もふっくらしていて、体格もしっかりされている存在感のある像だな感じました。

作られたのは江戸時代の初期1669年で、当時名が知れて三人の天明鋳物職人の合作によって生み出されたと言われています。その美しいたたずまいは、多くの仏像愛好家の間でも高く評価されており、全国でも価値のある仏像となっています。

場所も佐野厄除け大師のお隣付近になりますので、アクセスもしやすくなっております。お近くに立ち寄りの際は歴史ある名品をご覧になってはいかがでしょうか。

0 コメント

\佐野市 天明鋳物 散策 ~佐野厄除け大師~/

言わずと知れた厄除けで有名なお寺です。
1月下旬なのに、屋台が出てたり、祈祷を受ける人で賑わっていました。

さて、ここには天明鋳物の鋳造技術の”最高峰”の梵鐘があります!
私も食い入るように、見てきました(゚д゚;)

明暦4年(1658年)天明鋳物たちの先祖代々のお墓のあるお寺に、鋳物師100人あまりの人が力を合わせ作り、寄進した大鐘になります。
300年以上前の大鐘ですが、細部の意匠が凝っていて、当時の技術力の高さを感じました。

0 コメント

\天明鋳物の約1100年の歴史/

天明鋳物伝承保存会の若林洋一さんにお話しをお聞きしてきました。
鋳物の発祥が700年河内丹南(現大阪)で、佐野の鋳物のはじまりは、781年と言われ2番目に古い歴史となります。
河内丹南では今は鋳物は作っておらず、現在実際に作っている中で佐野は”最古”となります!
こんなに歴史のあるものだと知り、震えました((゚Д゚;))!

伝統ある鋳物業としての起源は平安時代、天慶2年(939年)藤原秀郷が武具制作者として河内の国(現大阪)から5人の鋳物師を佐野に移り住まわせたことに始まります。天明鋳物の誕生です。

また、若林家の伝わる木型や工具・書物も見せて頂きました。栃木県指定有形民俗文化財となっている大変貴重なものです。

天明鋳物の伝統を守り続けるという使命感を洋一さんのお話しからひしひしと感じました。
私もこの長い歴史に少しでも関われるという誇りを持ってこれから活動していきたいなと思いました。

0 コメント

\天明鋳物×さのまるのコラボ/

さのまるのご出勤に合わせて直撃!!さのまるも天明鋳物をアピールしてくれました♪ 佐野市役所の1Fに天明鋳物が展示されております。

本物の天明鋳物に触れられる良い機会ですので、是非お立ち寄りくださいね。

0 コメント

\下野新聞に掲載されました/

佐野商工会議所1Fで「鋳物Style 暮らしを彩る天明鋳物の世界」展を31日まで開催しております。 近くにおいでの際は是非足を運んでみてくださいね!

0 コメント